広報ブログ

広報ブログ
お知らせ・イベント

伝えるを、もっとかんたんに。- スカイアークは生まれ変わります。

小林 2012年09月03日

こんにちは。小林です。

本日はスカイアークシステムにとって大きなターニングポイントとなる、重大な発表が御座います。

CMSインテグレーション事業と、クラウド型コンテンツマネジメントシステム「SKYARC Web Platform」の提供を行っている株式会社スカイアークシステムは、創立記念日である9月17日に社名を「株式会社スカイアーク」に変更します。

logo_sola.jpg

スカイアークシステムは2004年9月、「幸福駅」がある北海道帯広市に創業しました。私は、北海道帯広市に世界的企業を作りたいと思い8年間走り続けてきました。無謀とも思えるこの会社のコンセプトを支えていたのは、何が何でもやりきるという創業時メンバーのモチベーションでした。

私は、今年に入ってからこの会社が今後どうあるべきか真剣に考えました。いや、いままで考えていましたが、考えをまとめきれずに惰性だけで会社を経営していました。そのため新しく入社した仲間に目的を共有しきれず、みんなの方向性がバラバラになりつつあり、会社としてのスピードが落ちてくるという問題が起きてきました。創業時メンバーと新しいメンバーの中に考えの差が出てくるようになりました。

会社としては業績も好調で利益も出ています。従業員のモチベーションも高く、このまま続けていけば特に問題は無いのでは?という状況です。しかし目的に向かって一丸になるためにも「スカイアークがなぜ存在しているのか?」わかりやすくまとめ上げる必要がありました。

この社名に行き着くまで半年間、会社の良いところ悪いことをすべて洗い出し、気の遠くなるほど何度も組み立てなおしました。そして全く新しい経営戦略と、全く新しい企業理念が生まれ、結果として社名を変えることになったのです。

夢に向かって全力で走れる、そんな会社に変える必要がありました。

「伝える」手段の可能性を追求したい

スカイアークシステムは、大手企業を対象にCMSを活用したウェブサイトの提供を行う「CMSインテグレーション事業」を展開してきました。

integration_img09-1.jpg
integration_img09-2.jpg

CMSインテグレーションについて詳しく見る

CMSインテグレーション事業では、コーポレートサイトなど不特定多数が閲覧する「パブリックサイト」、特定の顧客に対して提供する「カスタマーサイト」、代理店向けに提供する「パートナーサイト」、社内向けに展開する「イントラネット」と、ウェブサイトを4つのセグメントに分けてサービスを提供することで「企業に関わる人々の活性化」を行って参りました。

多くの企業を支援する中、特にイントラネット・パートナーサイトを多く手がける中で、社内コミュニケーションや代理店活性化に大きな課題があることがわかりました。

スカイアークでは「従業員・代理店・顧客の活性化」こそが企業を明るく元気にする一つの答えだと考えており、活性化するためにはコミュニケーションを取りやすくする、つまり「伝える」ことをかんたんにすることが非常に大切だとわかりました。

スカイアークシステムという社名では、「伝える」ことが使命な会社としては手段が限られてしまいます。システムだけが「伝える」手段ではないからです。

9期目を迎える「株式会社スカイアーク」は、企業理念を「伝えるを、もっとかんたんに。」に改め、人々のコミュニケーションを革新することで関わる人々を幸せにできる会社を目指します。

スカイアークでは現在、CMSインテグレーションの基盤となるクラウド型コンテンツマネジメントシステム「SKYARC Web Platform」を提供しており、多くの大手企業のウェブサイト基盤や情報共有基盤としてご活用いただいております。

このSKYARC Web Platformを「従業員・代理店・顧客の活性化」に最適なクラウドサービスへと進化させ、お客様の想いをもっとかんたんに「伝える」ことができるようにすることで、企業を明るく元気にする支援を行って参ります。 

この先の戦略については後日詳しくお話しさせていただきたく存じます。

今後とも「株式会社スカイアーク」ならびに「SKYARC Web Platform」をよろしくお願い申し上げます。

社名変更について

1.新商号

株式会社スカイアーク

※住所・電話番号・FAXに変更はございません。

2.ロゴマーク

skyarc_logo_tag.png

「広い大空に描く円弧」・・・いろいろなものを結ぶダイナミックな線、大きく超えていく躍動感、来るべき期待と感動の高まり、コミュニケーションで結ばれるイメージをカタチにしています。

3.変更日

平成24年9月17日(月)