会社案内

プレスリリース
プレスリリース

スカイアーク 代表取締役交代のお知らせ

takumi.yamanaka 2020年08月31日

自社オリジナルのクラウド型CMS(※1)プラットフォーム上で、ニーズの高いソリューションを提供している株式会社スカイアーク(本社:北海道帯広市、以下スカイアーク)は、2020年9月1日付で平栗健太郎が代表取締役に就任することをお知らせいたします。

平栗健太郎は2006年にスカイアークへ入社。創業者である小林前代表とともにCMS事業を立ち上げ、大手企業の顧客開拓を中心に行ってきました。2007年からセールス部門と開発部門のマネージャー、2019年には事業全体を統括する執行役員に就任し、累計顧客数2,000社を超える事業に成長させました。

なお、前代表の小林晋也は代表取締役を退任し、株式会社ファームノートホールディングス代表取締役 兼 株式会社ファームノートデーリィプラットフォーム代表取締役としてグループ全体のビジョン・長期戦略の構想と策定、グループ経営の統括、グループ全社員に対するリーダーシップ開発・マネジメント育成などに注力し、事業と人の成長に貢献していきます。

■新代表平栗よりコメント

スカイアークは2004年の創業より「伝えるを、もっとかんたんに。」というビジョンのもと、技術を通じた企業コミュニケーションの活性化に貢献してきました。近年ではお客様・ビジネスパートナー・社員からスカイアークらしさを共感、支持していただける会社にしたいと「最愛戦略」をテーマに事業を進めてまいりました。そのなかで見えてきたことは"企業活動・事業は、人である"ということです。

成長を楽しみながら、社員全員で会社を創り上げていく。これほど、働きがいのある体験はないかもしれません。この体験の輪を様々な企業に拡げていきたい。

スカイアークは「技術×コミュニケーション」を通じて、お客様・ビジネスパートナー・社員など持続的な社会に関わる人々の"はたらき"をより豊かにすることを目指し、実現に向けて進んでまいります。我々の目指す未来にご期待をいただくともに皆様のご支援をお願い申し上げます。

■平栗健太郎(ひらくり けんたろう)略歴

1977年5月神奈川県生まれ。2002年3月國學院大學法学部卒業。同年4月OA機器販売会社に入社。2006年3月株式会社スカイアークシステム(現スカイアーク)に入社。2019年9月執行役員事業統括、2020年5月取締役執行役員事業統括に就任。現職に至る。

■スカイアーク 会社概要

高いセキュリティを誇るCMS・Movable Typeにおいて国内トップレベルの導入実績を持ち、これまで2,000社以上の企業に対してサービスを提供。自社オリジナルのクラウド型CMSプラットフォームを主軸に、企業の情報発信や利便性向上を支援するシステムインテグレーターです。2019年には次世代のロールモデルとなるような、社会的インパクトのある事業を創出したとして第5回「日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞(主催:経産省、農水省、オープンイノベーションベンチャー創造協議会)」をグループ全社で受賞いたしました。

本社:北海道帯広市公園東町1丁目3-14
東京事務所:東京都港区白金台2-26-10グリーンオーク高輪台3F
設立: 2004年9月
URL: https://www.skyarc.co.jp

■ファームノートグループ

純粋持株会社である株式会社ファームノートホールディングスを親会社とし、グループ系列にはウェブインテグレーション事業を展開する株式会社スカイアーク、自社牧場の展開を目指す株式会社ファームノートデーリィプラットフォームがあります。

私たちは、人の心が豊かになれば世界も豊かになると信じています。

人とのつながりを大切にし、心動く「驚き」を創り上げることで、そのワクワクが感情の輪として世界に広がり、地球に大きなインパクトを出せると信じています。

※1)従来インターネットに接続されていなかった様々なモノ(センサー機器、車、電子機器など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組み。Internet of Thingsの略。

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社スカイアーク
広報:鈴木・島田
電話番号: 050-3852-4018  メール: info@skyarc.co.jp