広報ブログ

広報ブログ
漫遊記

7周年漫遊記~2011/09/16~

小林 2011年09月30日
「そうだ!
北海道へ行こう!」



スカイアークが生まれた北海道帯広市という名前が一人でも多くの人に見たり、聞いたり、行ってみたくなったりするような。
そんな思いをこめて、末筆ながら筆を取らせていただきます。

2011/09/16 04:48am
5時にかけた目覚まし時計が鳴る前に起きてしまったのこのwktk感。
いつも向かう白金台にある東京営業所ではなく、今日向かうのはそう。

羽田空港!

「そうだ!
北海道へ行こう!」
※大事なことは2回言います(・×・)

まずはfacebookで羽田空港にチェックインして。。
東京組のメンバーが一人二人と集まる中、フライトの時間が刻一刻と迫る中、リアルにジャンピンナウが囁かれる中、ようやく全員集合したのは搭乗手続きのリミット20秒前。
客室乗務員さんとダッシュで飛行機へ向かいました(汗

1000001552.jpg 1000001556.jpg

若干押せ押せな感じで始まったスカイアークの研修旅行。
いざっ出陣~(((((((っ・ω・)っ ブーン

 SANY0008.jpg CIMG1711.JPG



1時間半の空の旅。
新千歳空港で待っていてくれたのは札幌組&10人乗りの大型ワゴン。

車モザイク.JPG

札幌プレミアサポートセンターが出来てから初顔合わせという状況ではありましたが、普段からスカイプなどでコミュニケーションを取っているので初めて感ゼロのなごみまくりな車内でした。
今回は特別ゲストにアカペラのアムロちゃんを乗せ、iPod対応のオーディオのくせにケーブルがないなんて逆境を跳ね除け、果てしない大空と広い大地のその中をさっそうと走るワゴン。

CIMG1719.jpg CIMG1720.jpg

走り出すやいなや、小腹が空いた一行はさっそく道の駅でソフトクリームやらいも団子やらetc。。。
あいのり並にバラエティーにとんだメンバーを乗せたワゴンは帯広組と合流する為、日高へ向かうのでした≡(((((((*゚-)ノ










※この時ちゃくちゃくと社長&桐田さんが車で北上していたのは、ここだけの秘密です(/x\)(/xヽ)










さて、新千歳から2時間ほど車を走らせ着きましたよ!

ひだか青少年自然の家!!

__.JPG

ここで帯広組と合流ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜

CIMG1723.jpg CIMG1724.jpg
CIMG1725.jpg CIMG1726.jpg

「ん?何かここ小学生のとき来たことある。。」と、いたいけだった少年&少女時代を思い出したりする人もちらほら。
(このワンフレーズで井上陽水を思い出すか、韓流アイドルを思い出すかで世代が分かれるのでは。)


まぁ、何事にも腹が減っては戦はできぬ!という訳でお昼タイム♪
青少年の家でのご飯はバイキング形式になっておりまして、個々で好きな量を取って盛るというシステム。

CIMG1747.jpg CIMG1748.jpg CIMG1749.jpg

学生時代の頃を思い出させてくれる食器たち。
さらにはふるさとの味を思い出させてくれた食事。ごちそうさまでしたー♪

バイキング.jpg
 
ご飯を済ませ、お腹も膨れた我々が向かった先は体育館へ。
2つチームに分かれて、いざっミニバレー対決  レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З

CIMG1728.jpg SANY0020.jpg

点を入れれば入れ返されるというドラマですか??と言わんばかりのガチで白熱した接戦!
なぜなら明日の昼食で勝ち組は何でも好きな物を食べられる権利がかかってるので。(食い意地だけは負けません)
※負け組はかけそば。
もちろん負けてその分お金足すから好きな物食べさせろ!なんてゆう大人な意見は一切通用しません。

SANY0024.jpg SANY0017.jpg

最初は「えーミニバレー?」なんて言ってたメンバーもガチで汗ダクでした。
なんだかんだで5セットやったあげく、まだ時間あるからって言ってバスケもやっちゃううる星やつらでした。(あ、ここはだっちゃか。失敬)


勝負がついたところで、夜ご飯の準備へ。。

1000001566.jpg 1000001571.jpg

買出し組や炭おこし組などそれぞれの分担に分かれてBBQ開始。
河原にある石をバーベキューコンロの代わりにして、炭をおこすなんて経験が出来るのは日高青少年の家ならでは!(もし東京付近でも出来る場所をご存知でしたらご一報ください)

ガッツ.bmp

 1000001562.jpg CIMG1744.JPG

やっぱり運動した後のご飯は最高ー!
なんて言いながらお肉をむさぼる平均年齢33歳の集団の旅行1日目は更けていくのでした(。-ω-)zzz. . .










※この時すでに社長と桐田さんが函館に降り立っていたことは絶対に秘密です(/x\)(/xヽ)

 

…スカイアークの旅はまだまだつづく。