広報ブログ

広報ブログ
漫遊記

5周年漫遊記:16-17日/新たな期へ

小林 2009年11月21日

というわけで、お久しぶりの更新です。
あれから暫く間が空いているので、前回記事なども読みなおしの上読んで下さいね!

さて、記念撮影なども終え、やってまいりました、鰊御殿らへん
多分鰊御殿だと思うのですが、いたはしはこの時点で満身創痍というか、なんか食べ合わせが悪くて大変なことになっていたために、車の中でOrzだったのでよくわかりません。写真を元にノリで説明します。

丁度時刻は夕方ぐらいだったような気がしなくもない頃に、車三台でブーンと鰊御殿らへんに。
鰊御殿、ご存じですか?昔はめちゃくちゃ鰊がとれたので、記念に建てた御殿です。ひらたくいうと(詳しくはWikipediaとか見たらいいと思いますよ!)。

というわけで綺麗な海でした(←)。
めちゃくちゃ資料とか読みたかったです...悔しい。非常に悔しい。

さて、一行は一路本日の宿へ。本日は小樽内で一泊です。
ブーンと車3台で向かったのは...

貸し別荘!(写真は朝の様子です)
2.5階建(屋根裏部屋みたいなのがついてる)で、
立派なお風呂と台所、食器類に冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビ...などなど、大変充実したいい別荘です!

テンションの上がる一行は、わいわいと中へ。

そして当然のように始まる

焼肉

焼肉

焼肉...

「ご飯が食べたい」――...。
誰かが漏らしたそんな言葉が、この楽しい光景を一瞬にして惨劇へと誘ったのです。

お米は買ってありました。2kg程。
炊飯ジャーもあります。5合は炊ける、ちゃんとしたものでした。
我々はある一人にそれを託し、ご飯が炊けるのを、ある者は肉をつつきながら、ある者はビールを呷りながら、ある者はホンコンやきそばを作りながら待ちました。

ぴろりろりーんという音と共に、炊飯が終了。
何気なく開いた炊飯ジャーにはこれでもかというほどみっちりと炊きあがった米(バリカタ)が............

実行犯「2kgって1升でしょ?」

お米は、おいしくおじやにしていただきました。


さて。
まもなく日付が変わろうかというところ。
そう、ついに新しい期がはじまるその日がやってきたのです。

社員集合、そして数名から前期の反省や、今期の方針などが語られました。
思い返してみればこの1年、さまざまなことがありました。
新たな出会い、淋しい別れの時、辛かった時、楽しかった時。
人によって色々な思い出があり、あの瞬間、それを思い出していた人は多かったと思います。

諸員色々とこみあげてくるものもありつつ、全員で期の変わる瞬間を待ちます。
最後に、社長からの挨拶。

「「「今期も宜しくお願いします!!」」」

全員の方向性やら思いやら、諸々が一丸となった瞬間でした。

この後は例によって例のごとく飲んだくれNightだったわけなので、早々に良いホテルへ退散したいたはし(女子なので★ミ)は、翌朝「朝まで飲んでた」とか恐ろしいことを言う面々と合流するまで、まったりとした時間を過ごしたのでした。まる。

さて、次回はついにスカイアークシステム始まりの地、帯広へ!
道中札幌満喫しつつ、本社での決起集会、帯広にある六本木、そして豚丼!豚丼!豚丼!