セミナーレポート・コラム

セミナーレポート・コラム

[レポート] 6/13東京開催 読んでもらえるウェブ社内報セミナー ~閲覧率7割のポイント~

石山 2013年06月17日

2013年6月13日、東京は渋谷区、関東ITソフトウェア健保会館にて「読んでもらえるウェブ社内報セミナー~閲覧率7割のポイント~」を開催いたしました。

雨の中、お申し込みいただいた10名の方がお越しくださり、感激...!

20130613_img_01.JPG

今回は“社内報”をテーマに、前半・後半の2部校正でお届けしました。

前半は「ウェブ社内報閲覧率7割のノウハウからわかったこと」という題で、 弊社CMSインテグレ―ショングループ グループマネージャーの平栗が講演させていただきました。

20130613_img_02.JPG

スカイアークがこれまでに構築をお手伝いした、ウェブ社内報やイントラネット、社内情報共有システムなどの事例をご紹介しつつ、

☆社内報制作で忘れてはいけないこと
☆もっと読んでもらうための工夫とは?
☆ウェブ社内報のメリット・デメリット
☆紙社内報のメリット・デメリット etc...

・・・など、たっぷりとお話しさせていただきました。

社内報は、その名の通り社員さんや関係者の間で読まれるものなので、 具体的な事例が手に入りにくくなっています。

今回のセミナーの中では、各事例の人気コンテンツや工夫についても、 詳しくご紹介することができ、熱心に耳を傾けていただきました。

20130613_img_03.JPG

そして後半は「社内報・社内広報担当者 意見交換会」。 参加者の皆さま同士、日頃の悩みや疑問などをシェアしていただきました。

発行している社内報の形態も違う、
会社の業種も、規模も、エリアも違う。
そして、初めて顔を合わせた方々ばかり。

ですが、よくよくお話を伺っていると、

  • 1〜2名という少人数で社内報制作を担当している
  • 部署やエリアから選抜された編集委員とのやりとりに心を砕いている
  • 日々社内のネタ探しをしている

という共通体験をお持ちだったのです。

ごく少人数で作業されているので、
同じ悩みを共有できる方が社内にはほとんどいらっしゃらないのですね。

そのためか、意見交換会は本当に具体的で、実践的な内容となりました。
皆さん、メモを取る手が止まりません。

どうしたらもっと読んでもらえるか、 どうしたら社員さんに積極的に関わってもらえるか

試行錯誤を繰り返しながら、みなさん、本当に真剣に社内報制作に携わっていらっしゃるのだなぁと、
ひとり静かに胸を熱くしながらお話を伺っていました。

私達にとっても新たな発見があったセミナーで、2時間半があっという間に過ぎてゆきました。

20130613_img_04.JPG

今後、違った角度から社内報のセミナーを開催してほしい、というご意見もいただいております。
今回の参加者の皆さまにいただいたご意見をもとに、また企画を考えていきたいと思います。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。