グループ採用情報

社員インタビュー

社員インタビュー:佐藤春菜
01ファームノートに入ったきっかけは何ですか?
夫の転勤で札幌から地元の帯広に戻ってきました。
前職の退職や生活が落ち着いた頃にタイミング良くファームノートを紹介され、
実家が酪農家で小さい頃から身近な存在であった牛に携われることや、スマートフォンも使用するので
長く携帯電話業界で仕事をしてきた自分の経験も活かせるのではと思い、入社を決めました。
02今のファームノートでの業務内容は?
クラウド開発グループでFarmnoteの機能のテスト。
皆さんが小腹が減った頃を見計らってお菓子を配る係。
03ファームノートが他の会社と違うと感じるところは?
「真にお客様のために」を行動指針に掲げ、お客様の声を第一に開発に活かして機能を作っているところ。
社員1人1人の意見を受け入れ、良いものは反映してくれるところ。
04仕事で大変なことは?
細かい仕様や計算式を覚えた上でテスト内容を考えなくてはいけないこと。
エンジニアが使う専門用語を理解すること。
05やりがい、これまで関わった好きなプロジェクトは何ですか?
大きなアップデートや機能追加の際は大変ですが、逆に何度も苦労してテストした機能に
お客様から反響や喜んでいただけている声を聞くととてもやりがいを感じます!
06ファームノートのここがいい!
帯広に本社があり、年に1度北海道で社員旅行兼研修があります。
今年はスカイアーク・ファームノート全員で経営方針を決めたり、夜はお客様からいただいたお肉で焼肉をしました。
拠点が分かれていて普段の業務ではなかなか関わらないメンバーと交流を深めることができ、グループの結束感が上がったと思います!
07入社して印象的だったできごと
常時ビデオチャットで帯広・東京・札幌の拠点が繋がっていて、いつでもコミュニケーションが取れること。
毎日全員で掃除をする時間を設けていること。
毎月1回全員で牧場見学に行き、牧場の現状やお客様の意見を聞いて開発やサポート対応に活かしているところ。
08今後ファームノートでやってみたいことはありますか?
競走馬の繁殖にも興味があるので馬の管理システムや他の動物も面白いかなぁと思います。